JFEケミカル株式会社

opn

JFEケミカル株式会社

cls

製品情報
会社情報
採用情報
環境・社会活動

スタンパブルシート(KPシート)

自由な比重設計と

形状加工を可能とし、

軽量化をサポートします。

スタンパブルシート

スタンパブルシート(KPシート)は、ガラス繊維(GF)と熱可塑性樹脂であるポリプロピレン(PP)を主原料とするシート状のプレス用成形基材です

基材コア部は高度な抄紙技術を応用して製造されるため、極めて均質性の高いGF/PP組成を有しています。さらに、特殊な発泡材を担持させることができるため、加熱する事により極めて高い膨張性能を付与する事ができます。

また、多様な機能性フィルムを貼り合せる事ができるため、高膨張性とフィルム種を組み合わせることで、種々の周波数に対する吸音特性ニーズに合わせた設計も可能です。

このため軽量高剛性を発揮する樹脂ガラス繊維複合材料であるとともに、
高吸音性をも発現する優れた特性を活かし、天井やトランクトリム等の自動車内装材やアンダーカバーなどの自動車外装材に採用されています。

特徴

  • (1)抄紙法プロセスにより、比重や形状が大きく異なる樹脂と繊維を均質に混合できるため、
    複数の原材料の組み合わせが可能です。
  • (2)VOCが極めて少ない、かつSOCフリーの材料を使用しています。
  • (3)20t程度の低型締力冷間プレスで、3m²以上のプレス成形が可能です。
  • (4)また、0.08 ~ 1.0 程度の成形比重の変化を1回のプレス成形で可能です。
  • (5)成形収縮率は 1~2/1000 と小さく、かつ成形後は形状が安定しています。
  • (6)素材が均質に分散しているため、型形状への追随性に優れています。

    - 深絞り(実績250mm)

    - 加工部の加工後強度が高い

    - シャープな形状

  • (7)発泡材入りグレードでは、膨張厚みを8‒20mm(仕様により最大28)程度の間で変化させることが可能です。
  • (8)シート幅方向に一定パターンの目付け分布を再現性良く持たせることが可能です<異目付技術>。
  • (9)厚くても2mmt程度のシートであるため、輸送・置場効率が良い材料です。
自動車部品適用例

自動車部品適用例

自動車部品適用例